はじめに

生活を豊かにしたいと考える時、何が必要になるでしょうか。
さまざまな意見があると思います。

文明の発達はたしかに私たちを快適にしてくれますが、いきすぎた利便性は何かしらの弊害を生みます。
それらの弊害が感じるようになってきた昨今、それぞれの真の豊かさが問われているような気がします。

本ブログの管理人が運営する、ヨーロッパの伝統顔料を扱うirokoオンラインショップでは、
天然無機顔料などのナチュラルな色合いや、イタリアに古くから伝わる伝統製法の顔料を揃えており
そこには、人々の色に対する純粋な憧れが詰まっていると感じます。

そうした豊かな天然素材を扱っている関連から、より広い環境に関心を持ち環境社会検定を受けてみました。
今回はこちらに概要をまとめていきます!

 

環境社会検定(eco検定)とは?

eco検定(正式名称『環境社会検定試験®』)とは、東京商工会議所・施行商工会議所が実施する、社会と環境を考える人のための試験です。

近年、急速に進化した社会システムのなかで、環境と人はどのように関わりあってきたのか。
通称eco検定は、それらの幅広い知識を身につけ、率先して環境問題に取り組む「人づくり」と環境と経済を両立させた「持続可能な社会づくり」の促進をめざす試験です。

2006年に創設されたこの試験は、合格者を「エコピープル」と呼び、環境活動の支援も積極的に推進しています。
これまでの受験者総数は延べ36万人を超え、環境問題への関心が高まる昨今、さらなる注目を浴びる資格だと言えます。

 

検定概要

受験資格

制限なし

スケジュール

毎年7月・12月の年2回実施(年1回)

2018年度スケジュール

夏期検定

7月22日(日)

冬期検定

12月16日(日)

試験方式

マークシート方式による選択問題(試験時間2時間)

検定料

5,000円+税

合格ライン

100点満点で70点以上が合格

2017年度 受験状況

受験者合格者合格率
第22回12,1287,79971.2%

申込み方法

・インターネットから申込む

商工会議所・eco検定のHPから申込むことができます

 

公式テキスト

問題は公式テキストの内容から出題されるので、必ず必要になります。何度も読み返すと理解が深まります。

 

過去問題集

過去問と模擬試験問題の合わせて5回分が収録されており、解説も詳しく載っているので知識の定着にぴったりです。

学習のコツ

環境問題への関心をさらに深め、仕事にも活かせるエコ検定。
幅広い知識が問われるので、分厚いテキストを見て、最初は難易度が高く感じられるかもしれません。

そんな時におすすめの学習方法は、まず模擬試験を解いてみることです。

なんとなく分かるな〜、これ社会の授業でやったかも、といった内容も出題されるので
まずは問題を解いて、頭の体操をしながら理解を深めていくと入りやすいかと思います。
慣れてきたらテキストを一から読み込んでいくと、さらに新しい発見や知識が広がるので面白くなりますよ。

また、おすすめなのは「緑のgoo」の模擬問題クイズ。
毎日、過去問から10問選んでクイズ形式で出題されるので、ちょっとしたスキマ時間の学習にもってこいです。
ぜひ「お気に入り」に保存してみてくださいね!
https://www.goo.ne.jp/green/business/examination/quiz.html