バチカン市国のバチカン宮殿内にある、システィーナ礼拝堂。

この礼拝堂に描かれた天井画は、かの有名なミケランジェロが描いた傑作のひとつとして知られています。
この天井画は、天井面(壁面)に直接絵を描く「フレスコ画」の技法で描かれています。
ヨーロッパでは、教会や宮殿などでこうした壁画が多く残っており、気軽に見ることができます。

実は日本にも、日本最古の壁画として有名な「高松塚古墳」がありますが、これもフレスコ画のひとつと言われています。
使用する材料は各国で異なるものの、根本的な絵画の起こりとして共通している技法のようです。

フレスコ画とは?

では、フレスコ画とは一体なんでしょうか。
あまり聞いたことのない方も多いかもしれません。

フレスコ画とは、絵画の原点とも言われる古典的な技法です。
人類が装飾する意思を持ち、壁に絵を描くうえでさまざまな工夫をして生まれました。

フレスコ(fresco)という言葉は、英語のfreshに当たるイタリア語で、「新鮮な」または「爽やかな」という意味があります。これにaをつけて「afresco」というと「フレスコ画」や「フレスコ壁画」という意味になります。

「フレスコは、人間の「創造」という原始的営みを受け止めた「絵画の原点」ともいうべきものです。—大野彩」

フレスコ画研究の第一人者としてご活躍されている大野彩先生の著書『フレスコ画への招待』には、このように記載されています。
こちらの書籍については、後ほど詳しくご紹介したいと思います。

さて、フレスコ画にはふたつの代表的な技法がありますが、共通して言えることは「石灰を下地に用いる」ことと「顔料そのものを用いること」です。
では、それぞれの代表的な技法を見ていきましょう。

フレスコ画の代表的な技法

  • ブオン・フレスコ

    ブオン・フレスコは、壁面に砂と石灰を混ぜた「石灰モルタル」※(イタリアではこれを「マルタ」と呼んでいます)を塗り、そのうえに水で溶いた顔料で絵を描いていく技法です。
    ここで着目したいのは、バインダー(接着剤)を使わないということ。
    色の元である顔料そのものと、石灰が硬化する力で色を定着させていきます。
    しかも乾燥すると石灰に膜が張られ、自然の保護膜ができるため、大変耐久性が高くなります。
    さらに、石灰は元の石灰岩へと戻っていくため彩色大理石のようになり、何百年何千年と色褪せない絵画ができるとも言われます。
    塗る時は、石灰モルタルが半乾きのようになったら塗りどき。絵の具の定着が良くなるのだそうです。
    この時間帯を、イタリア語で「モメント・ドーロ(momento d’oro)」つまり「黄金の時」と呼んでいるのだとか。なぜならこの時間帯をすぎると、乾燥し急激に色が定着しなくなるためです。
    これぞ、フレスコ画の醍醐味。
    ほかの画材では味わえない面白さがあるのですね。

  • フレスコ・セッコ

    対して、フレスコ・セッコは乾いた石灰壁の上に、絵を描くという技法です。
    下地が乾いた状態のため、顔料にバインダーを混ぜて、バインダーの接着する力で定着させる必要があります。
    ここで言うバインダーは、日本画でも使われる膠(にかわ)やカゼイン、卵など。
    ここで注意したい点は、バインダーは劣化するため、ブオン・フレスコよりは耐久性は劣るということです。
    石灰のアルカリ性質に弱い顔料を使う場合などに、このフレスコ・セッコの技法が使われたようです。

 

もっと詳しく知りたい方へ!

おすすめの参考図書

さてさて、ここまでフレスコ画の触り部分を見てきましたが、まだまだ奥が深い世界。
絵画に興味がある方はぜひ、フレスコ画の魅力にどっぷりと浸かってください。
冒頭でご紹介した、フレスコ画研究の第一人者であり、自身もフレスコ画家である大野彩先生の書籍は、初心者の方にも分かりやすくておすすめです。
さまざまなフレスコ画を写真とともに見ていくことができ、巻末には実際に作り方の解説も載っています。

『フレスコ画への招待』

著者:大野 彩(おおの みさお)
発行:株式会社 岩波新書

【POINT】
・フレスコの第一人者が語るその魅力と鑑賞のポイント

・ラスコーの洞窟壁画が二万年近くも色彩を保ったのはなぜ?
・フレスコの華—イタリア・ルネサンスの壁画作品をめぐる
・ルーマニアの不思議な教会の「青」の秘密とは
・ギリシア、敦煌、高松塚古墳…。ユーラシアの世界遺産をめぐる
・著者プロデュース「ジブリ美術館天井フレスコ画」の制作過程を公開
・机の上でできる小さなフレスコの作り方を解説

また、あまり知られていませんが、ジブリ美術館の天井もフレスコ画だそうです。
大野先生率いる「壁画LABO」のメンバーが仕上げられており、とても繊細で圧巻です。
ジブリ美術館へ訪れた際にはぜひ、天井にも注目してみてくださいね。

 

フレスコ画に必要な材料

・石灰

消石灰と呼ばれる粉末状の石灰をベースに下地を作ります。
さらに上級者になると、さまざまな石灰や砂を組み合わせて、より本物に近い高強度なフレスコ画を再現することができます。
保管のしやすさや描きやすさなどは下地によって左右されるので、ぜひこだわってみてくださいね。

初心者は、amazonでお求めやすいものも手に入ります。

こちらは本格的な左官職人用の特選消石灰です。


・砂

川砂や5号ケイ砂と呼ばれるものを石灰に混ぜて骨材とし、強度を出します。
汚れている泥を洗い流し、大きい粒を取り除くために1mmくらいのふるいにかけたものを使います。
洗い砂であれば、すでに泥が落ちているので使いやすいですね。

寒水砂などの白い砂を選ぶと、下地がより白くなります。

これらは建材店やホームセンターなどでも手に入りますよ。


・天然顔料

DOLCI社の天然顔料は、歴史的なフレスコ画にも使われた伝統製法でつくられています。
天然黄土を焼成する時間によって色合いを調整しており、大変貴重な職人技となっています。
発色も良く、本場イタリアの豊富な顔料が揃っているのでぜひお試しください。

顔料の通販irokoオンラインショップ

・鏝

左官職人の道具である鏝(コテ)は、ブオン・フレスコ(生乾きの石灰の上に顔料を定着させる方法)で、塗りつけた石灰の表面を整える際に必要となります。
使いやすいのは仕上げ鏝ですが、塗るものの大きさによっては四半柳刃などを用いると良いでしょう。
また、四半柳刃は細部を盛り上げる際などにも使えます。


・下地
レンガや鉢植えなど、素焼きのものを下地に使いましょう。石灰の定着が良く描きやすいです。


・その他道具

筆やパレット、ボウル、霧吹き、水差し、マスキングテープなどは、すでにお持ちのものや使いやすいものを。
筆は水彩画や日本画用のやわらかいものが描きやすいとされています。

Similar Posts