マンセル表色系の色相環

マンセル表色系(Munsell color system)とは?

マンセル表色系(Munsell color system)とは、色を分類、整理するための色彩体系の一つ。色の三属性色相明度彩度)を見た目に等しい間隔となるように区分された顕色系の表色系です。

マンセル表色系は、アメリカの画家で美術教育家でもあったアルバート・ヘンリー・マンセル (Albert Henry Munsell, 1858-1918)によって考案されました。

現在使われているマンセル表色系は、マンセルの没後、アメリカ光学会(OSA)が実験によって修正を加えたものです。初期のマンセル表色系と区別するために「修正マンセル表色系」と呼ぶ場合もあります。

色相(Hue, ヒュー)

マンセル表色系色相Hue, ヒュー)はR、Y、G、B、P(赤、黄、緑、青、紫)の5色を基本色として、それぞれの中間色相YR、GY、BG、PB、RP(黄赤、黄緑、青緑、青紫、赤紫)の5色を加えた10色を色相を表す記号として使います。

色相の並びは、R、YR、Y、GY、G、BG、B、PB、P、RPとなり、これを時計回りに円環にしたものを色相環と呼びます。

マンセル表色系の色相環
マンセル表色系の色相環(20色相)(©︎iroko color blog)

マンセル表色系では「10BG、2 .5B、5B、7.5B、10B、2.5PB」など、色相の前に1〜10の数字をつけることで、色みの違いを表します。

5の数字がついた色相は、その色相記号代表色相となります。

10分割した場合、10YRから1GYまでは「10YR、1Y、2Y、3Y、4Y、5Y(Yの代表色相)、6Y、7Y、8Y、9Y、10Y、1GY」のようになります。(0は使わないため、隣の記号の前に10をつけて表します。)

 

明度(Value, バリュー)

マンセル表色系明度はグレースケールを基準とし、理想的な白の明度を10、黒の明度を0として、9色の無彩色を間に均等に置き、合計11段階に設定されています。(小数点を入れた数字でも表示できる。)

実際の色票では最も明るい明度は9.5、最も暗い明度は1.0となっています。

彩度(Chroma, クロマ)

マンセル表色系彩度は、無彩色(彩度0)からどれだけ離れているかを表しています。数字が大きくなるほど彩度が高くなります。最高彩度の値は色相によって差があり、また同じ彩度でも色相によって鮮やかさが異なるように見えます。

色の表示方法

マンセル表色系では、色の三属性を表す数値を「色相(Hue) 明度(Value)/彩度(Chroma)」の順に表し、英語の頭文字をとって「HV/C」とも呼ばれます。読み方は、「5R 4/14」(ごあーるよんのじゅうよん)のように、明度と彩度を区切る「/」は「の」と読みます。

無彩色の場合は、「N3」のように、中性を意味する「Neutral」の頭文字Nの後に明度の数値をつけて表します。

Similar Posts